健康診断

肺がん検診

マルチスライスCTによる肺がん検診のご案内

最新式のマルチスライスCTスキャンを導入いたしました。
マルチスライスCTを用いた検診では、通常のレントゲンでは見逃されてしまう肺がんや早期の肺がんも発見できます。また、マルチスライスCTにより、短時間に低線量で検査を行ないますので、被ばく線量も軽減されます。診断は経験豊富な2名の専門医の二重読影で行います。

特に、肺がん検診をお勧めする方は、

  • 50歳以上の方
  • 喫煙者の方(現在及び過去)
    1日の喫煙本数 × 喫煙年数 = 600以上
  • せき、たんが続く方
  • ご家族にがん歴のある方

お申し込み・お問い合わせ

一般総合受付 ・各種健診受付
0854-22-5555

 

肺がん検診をご希望の方へ

検査項目 胸部CT(マルチスライス)撮影
※撮影時間5分程度(約3秒と10秒の息止め各1回)
検査日時 ≪予約制≫ 火・水曜日(祝日を除く) 15時~17時
検診費用 5,500円(税込)
結果通知 結果報告書は後日お送りいたします。
その他  
  1. 妊娠されている方、妊娠の可能性のある方は検査を受けていただくことができません。
    あらかじめご了承ください。
  2. 他の検診と合わせて実施される場合はご相談ください。

 

肺がんの早期発見、早期治療と安心のため

肺がんはがん死亡率の No.1

国民のがんによる死亡者数は、全死因の第1位で、3~4人に1人ががんで死亡します。
がんの中でも特に肺がんによる死亡は男女ともに年々増加し、男性ではがん死亡の第1位になっています。

マルチスライスCTのメリット

肺がんから身を守るためには、まず喫煙や受動喫煙の防止などの予防です。次に大切なことは、いかに小さな初期の肺がんを見つけるかです。通常の胸部レントゲン写真では、小さな肺がんの発見は難しく(写真1)、また、心臓・血管・骨などに隠れた肺がんは見逃されてしまうことがあります。(写真2)

写真1: 小さな肺がん

写真2: 心臓の影に隠れた肺がん
 
適切な治療を受けましょう

最近の研究で、CTによる肺がん検診は通常の胸部レントゲン写真に比べ、より肺がんの死亡を減らすことができるという結果が報告されています。肺がんは他のがんに比べ死亡率が高いとされていますが、初期に肺がんをみつけ適切な治療を受けることによって治すことが出来ます。