入院・面会

精神科入院案内

ご入院、心よりお見舞い申し上げます。
安来第一病院では、一日も早く回復され、家庭復帰・社会復帰して頂けますよう、医療及び看護、介護を致します。療養されます皆様には下記の事項をご了承のうえ、入院生活をして頂きますようお願い致します。

入院の種類

①任意入院 ご本人の同意に基づいた入院(精神保健福祉法第20条)
②医療保護入院 家族等の同意で行う入院(精神保健福祉法第33条)
③措置入院 都道府県知事が命令する入院(精神保健福祉法第29条)
④応急入院 都道府県知事が命令する応急的な入院(精神保健福祉法第33条の7)
 

入院の手続き

保険証(各種医療証を含む)、印鑑をご持参の上、次の書類等にご記入をお願い致します。
①入院同意書②入院保証書③患者様連絡等データ④その他(病棟により異なります。)

 

入院費用

  1. 個室の差額ベッド代(室料)は頂いておりません。
  2. 入院費の自己負担額は、健康保険法で定められた計算により行います。
  3. 入院費は、月単位で計算し、翌月の15日頃までに請求致しますので、毎月末までにアネックス受付窓口(医事課)・又は銀行振込でお支払いをお願いします。
  4. 1ヵ月(歴月)の入院費の自己負担が一定額を超えた時、高額医療費が支給される制度がありますので受付(医事課)におたずね下さい。
  5. 保険外経費は、別途資料にてご説明いたします。

    ※その他ご不明な点がございましたら、受付(医事課)におたずね下さい。

    振込先

    山陰合同銀行 安来支店
    普通預金 口座番号 2094721
    口座名 社会医療法人昌林会
    住所 安来市安来町899-1

 

入院生活に必要なもの

  1. 洗面用具・上履き・コップ・電気カミソリ機・衣類・タオル・ティッシュペーパー・ボディソープ・テレホンカードその他身の回り品
  2. 患者様の所持品全てには、他の患者様の所持品と混同しないように氏名をフルネームではっきり記入して下さい。(例:安来花子)
  3. 衣類、身の回りの品等多くならない様ご配慮下さい。(詳しくは病棟スタッフにご相談下さい。)
  4. 病衣(寝まき)は、病棟スタッフにご相談下さい。

※病棟・病状により準備して頂くものが異なります。(詳しくは病棟でご説明させて頂きます。)
※貴重品の持込はご遠慮下さい。
※携帯電話の病院内でのご使用については、病棟スタッフにご相談下さい。
※刃物・危険物の持込は禁止しています。状況によっては身体チェックをさせて頂く場合があります。
※病院内および敷地内は禁煙となっています。

 

面会

面会についてはこちらをご覧ください。

 

外出・外泊

  1. 外出・外泊は、療養上医師の許可により行って頂きます。
  2. 外出・外泊を希望されるときは、事前に主治医又は看護師にお知らせ下さい。
  3. 外泊される場合は、外泊処方箋等をお渡しします。外泊処方箋の指示事項にご留意下さい。
  4. 外泊より帰られた時、持ち帰られた金品(持物は、氏名を記入して下さい。)は、病棟スタッフにお知らせ下さい。
  5. 都合により外泊を延期される場合は、すみやかに病院(病棟)へ連絡して下さい。
  6. 外泊処方箋に必要事項を記入の上、帰院の際にご提出下さい。※ご本人が突然帰宅された場合は、すみやかに病院(病棟)へ連絡して下さい。
  7. 外出・外泊中に他の医療機関への受診が必要となった場合は病院(病棟)へ連絡して下さい。
 

日用品費

  1. 嗜好品・郵便・電話・散髪・外出時の交通費等に金銭が必要です。
  2. 金銭の取り扱いについては、病状により異なりますので、詳しくは病棟でご説明させて頂きます。
 

洗濯

  1. ご本人又はご家庭でお願い致します。
  2. ご本人又はご家庭で出来ない方は業者に委託(有料)できます。
  3. 業者に委託される場合は、衣類に㊀と記号を記入した後に氏名をフルネームではっきり記入して下さい。
    (例:㊀安来花子)
 

医療相談

医療費のこと、生活上のことなどでお困りの時は、病棟又は地域連携室にお気軽にご相談下さい。
秘密は厳守します。

 

各種変更があった場合

  1. 保険証および各種医療証
  2. 本人及び入院の同意をされた家族等の氏名、住所、連絡先
  3. 保証人など

※上記について変更があった時は、すみやかに病院(病棟)までご連絡下さい。